風のゆくえ 〜湘南日記〜

風のゆくえ別館 〜さらさらゆくよ〜 旅行日記

クタの護岸工事02

Category : バリ島つれづれ旅行記(2008)






クタビーチの護岸工事はメルキュールホテル前までやってきた。みんな体育座りで見物。


大きなパイプをショベルカーで吊り上げ、ブルドーザーで押して運ぶ。その間も水は出っ放し。


重機ってこんなに海水に浸かっちゃって大丈夫なんだろか?


一応、立ち入り禁止のロープが張られている。


頑張って仕事してる人を発見。


工事は見てると面白い。


そして1年後の今日は…こちら

Tag : *クタ・ビーチ
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ
| バリ島つれづれ旅行記(2008) | comments(0) | - | △TOP |

エス・テレールに挑戦

Category : バリ島つれづれ旅行記(2008)






パンタイ・クタ通りのメルキュール並び、サークルKの隣にクタ・シーサイド・フードコート kuta seaside food courtが出来てた。24時間営業らしいので到着時の夕食はここで軽く食べるのもありかも。昼間は閑散としてたが、夜はかなり賑わっていた。食事しなかったので味はわからないけれど。最近よく見る「MOENA fresh」というジューススタンドにエス・テレールを見つけたので挑戦してみたという訳だ。エス・テレールは色んなフルーツにココナッツミルクをかけた飲み物。ココナッツ大好きなので、きっとエス・テレールも大好きに違いない。…ということで、コソンが海に行っている間に道路を渡って買いに行く。エス・テレールは普通のとスペシャルがあったので、ここは奮発してスペシャルをいってみた!どでかいカップに入ったエステレール。「わーい♪」と浮かれて受け取る…と、むむ?なにやらヤバイ匂いが…。私が上顎洞に炎症を起こした時の膿(うみ)の匂いがほんのりと漂ってくるような…。いやいや、そんなはずはないでしょう。違うところからにおってくるのでしょう。一口食べてみる…(;△゜;) やっぱり匂いはココからだー!臭い臭い!臭くて食べられない。鼻をつまんでも食べられない。うー。何の匂いだろう?とかき回してみると、ドリアンだ。ドリアンが入っていた。スペシャルを頼んだのがいけなかったのか…。ドリアン…匂いはなんだが美味いのだという噂はよく聞くが、やっぱり美味くないよ!食べられないよ!私は匂いに弱いのだ。海から戻ってきたコソンに食わしたが、コソンも2口でやめた。知り合いのビーチボーイに無理矢理押し付ける。「ハイ。ワカリマシタ。タベマス」と言って食べていたけど半分誰かに上げていた。ローカルも食べられないまずさなのだ。一日悔やむ。時々フラッシュバックする。「あ〜〜、エステレール、、、1万5千もしたのに…」と頭をかきむしる。「あんたは失敗した。エステレールで失敗した。」コソンが耳元で囁き、私を悲しみのずんどこへ落とすのだった。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ
| バリ島つれづれ旅行記(2008) | comments(2) | - | △TOP |

クタビーチの護岸工事01

Category : バリ島つれづれ旅行記(2008)





朝、疑問に思ってたあの船…沈んでく夕日の邪魔をしている。
一体なんの船なのさ!毒つきつつビーチを歩いてディスカバリーまで。


パンタイクタ通りのハードロック角あたりのビーチでなにやら人だかり。
なんだ?なんだ?私たちも野次馬に参加!


立ち入り禁止のロープなんか無視して工事現場にかぶりつきで見入ってる人々。


「なになに?」
「ナニナニ?」
「すっごいすっごい!」
「スゴイースゴイー」
ローカルに真似される。
沖にいたあの船からパイプを通して海水ごと砂を運んでいるそうだ。
ローカル数人が日本語で教えてくれた。
年々浸食されているビーチに砂を入れるらしい。



パイプから出た海水が激流になって海に注ぎ、重機が海水に浸かりながら作業している。
ライトに照らされながら、激流と戦う重機たち。ちょっとしたイベントだよ。
一大娯楽といった感じだ。




インナ・クタビーチ・ホテル前の遊歩道を通ってディスカバリーまで歩いた。
工事は裏からみても面白い。


遊歩道まで水浸し。


川のようになっていた。


直径1メートルはありそうだパイプたち。これをつないで砂を流す。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ
| バリ島つれづれ旅行記(2008) | comments(0) | - | △TOP |

やっぱりトキおばさんのナシチャンプル!

Category : バリ島つれづれ旅行記(2008)





 

 

クタに滞在中はママ・トゥキのナシチャンプルを食べる。トキおばさんの作るジャワの家庭料理は素朴だけど美味しい。揚げタマゴにチリソースをからめたもの、つぶしたじゃがいもの天ぷらみたいなの、とうもろこしの天ぷら、インゲンとニンジンに煮物、キャベツやもやしを茹でてピーナッツソースをかけたもの、春雨炒め、甘辛い味のテンペゴレンなどなどをご飯に盛り、さらにカレーソースをかけてくれる。生のサンバルも美味しい。さらにおススメは「ラウォン」という牛肉のスープ。ローカルの子に勧められて食べてみれば激ウマでした。スープとご飯のセットだがご飯には何かおかずものせてくれる。
美味しいので、毎日食べてしまった。時には1日2回。それを8日くらい続けていたら…飽きた。美味しいから飽きないだろうと思っていたのにものの見事に飽きてしまった。他にも色んなローカルフードを食べようとワルンの情報を仕入れたりしていたのに、旅の後半はパスタなどの西洋料理に走ってしまった。配分を考えながら食べなければいけない…と反省。


Tag:クタクタの美味しいところビーチ飯 ワルン
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ
| バリ島つれづれ旅行記(2008) | comments(0) | - | △TOP |

なにやら沖に船が、

Category : バリ島つれづれ旅行記(2008)





レーザービームのように差し込む太陽の光に起こされたクタ・プリ・バンガローの朝。朝日が起こしてくれなかったら昼まで寝てしまったかもしれない。昨夜はイミグレーションの長い長い列に並んで、くたくたになってしまった。パスポートを確認してハンコ押すだけなのにひとりに5分も掛けないでほしー。そのうえ、暇な誰かがやってきて延々としゃべっていて次を呼ばないし。「早くしろ〜!このやろう!」「とろとろしてんなよ〜!」と笑顔で明るくささやいておいた。竹中直人のギャグのように。
ビーチもまだ眠っているみたい。掃除をしている人と、散歩してる人がちらほらいるだけ。



沖に船がいる。なんだろう。
…とこのときはまだ知らなかった。


Tag:クタ
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ
| バリ島つれづれ旅行記(2008) | comments(0) | trackbacks(0) | △TOP |

ヒヤヒヤの出発!

Category : バリ島つれづれ旅行記(2008)

 7:40に目が覚めた。少しうだうだしてから、コソンがゴミ捨ての準備、私はシンクの掃除を始めてしまう。食器カゴを漂白剤につけて洗い、シンクも磨く。
 冷蔵庫に残ってたタマゴを3つ茹でて、きっちり1.5個ずつ食べ、ちょっと早いかもと思いながら10時半頃家を出る。

 戸塚のラーメンとん太で、コソンはタンメン、私は紅とんこつを食べた。そんなにお腹は空いてないけど、このあと空港まで何もないから食べなければいけない。食べても通じはないなぁ。お腹を動かすために朝からお茶などいっぱい飲んでいるのに。飛行機に乗るまでに出て欲しい(;-_-) =3

 順調に進んでいると思っていたのが一転、宇野木あたりから急に渋滞し始め、かちりと止まってしまうこともしばしば。渋滞…渋滞するということは、このまま高速道路上に缶詰ということで、すぐにトイレに行けないということだ。トイレに行けない。トイレに行けない。そう考えると、突然トイレに行きたくなるのはどうしてだろう?朝から頑張っても何の音沙汰もなしだったというのに、なぜこんな時に。ナビには渋滞情報が出ていないのに車の列は止まって動かない。空港の到着時間もどんどん遅くなる。トイレにも飛行機にも間に合わなかったらどうしよう。お腹には時々波が襲ってくる。うー。こんなときは看板でも読んで気を紛らすのが一番!…なのに、両脇がコンクリートの壁なので読めるものといえば標識しか案内表示のようなものばかり。「空港まで70分」って、ずっと前にも同じ「70分」だったじゃん!どんどん遠くなっていく空港〜。気は紛れるどころか急くばかり。違うこと考えよう。違うことを考えればいいんだ。羊がいっぴき…ひつじがにひき…。そこでコソンがと暢気に聞く。
「ねぇねぇ、トイレは大丈夫?おさまったん?」
「トイレのことは言わないでくださいよ〜(゙ `-´)/」
うーお腹痛い。これはもう出すしかないのか?ガードレールの向こうとか車の中とか。するならゴミ箱かな?フレアのスカートでもはいてくればよかった。などと、時々襲ってくる波に鳥肌をたてながら考えていた。もう限界近いが、まだ限界ではない。まだ頑張れる!頑張れ!頑張るんださらさ〜!
 すると、車の流れがスムーズになり始めた。車線を減少するための矢印が置かれている。やがて車線は3つから2つへ、その先には無残に壊れた軽トラックの姿が…。
「こいつかーーーっ!」
お気の毒…などという感情の前に「このやろー、てめーのせーでどんだけ恐ろしい目に合ってると思っとるんじゃー!」という怒りの感情が爆発。
運転席側の前からぶつかったようでぐっしゃりつぶれ、ドアも取れて無くなっていた。救出のためにとったのかもしれない。一台しかなかったから自損なのかしら?あ〜!でもそんなことよりも早くトイレにたどり着かなければ!ナビにパーキングエリアが表示されてた。
「酒々井PAまであと15km!」
「あ〜でも、空港パーキングまで行くのとどっちがいいかな〜?」
「PAに決まってるでしょっ!逃したらだめよっ!」
「よし!わかった!PAまで15分だよ!がんばりなー!」
コソンに激励されつつも長い15分であった。PAに着き、止まりきらない車から飛び降り、トイレに駆け込んだ様子が今、まぶたの裏でスローモーションで再生されています。私はやった!耐えた!あ〜ホントによかった。ヒヤヒヤとスリルまんてんの出発だった。

飛行機に乗ったら急にお腹が減り、こーぞーとふたりでじゃがりこ一気食い。
ムービーは「王妃の紋章」「インディージョーンズ」「魚河岸なんちゃら」3本も見たけど、どれも大して面白くなかった。飽きた。あー飽き飽きだ。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ
| バリ島つれづれ旅行記(2008) | comments(0) | trackbacks(0) | △TOP |
1/1PAGES
CATEGORY
ENTRY
COMMENT
Blog People
LINK
ARCHIVE
OTHERS
MOBILE