風のゆくえ 〜湘南日記〜

風のゆくえ別館 〜さらさらゆくよ〜 旅行日記

クタビーチと"Sari Ratu"でカルジェル

Category : バリ島で癒される




クタビーチ

9時に車を出してもらい、クタビーチへ行く。今回もコソンは自分のサーフボードを持ってこなかったので、ビマからボードを借りた。ビーチに並んでいるレンタル用のボードではなく、売り物のなかからいいものを選んできてくれる。1日15万ルピア。宿が近ければ「5日間でいくら」という借り方もできるのだが、今回は宿にボードを持って帰れないので1日単位で借りた。コソンとビマは早速海へ。カレントが強いらしく、コソンは向かって左へどんどんどんどん流されていく。まるで川のよう。
 
私は買い物でも…と思っていたのに腰が上がらない。結局ずっとビーチにいた。売り子ののりこちゃんやみつ編み・マニキュア師メリーさんに粘っこく声をかけられながら。
長い髪を全て細いみつ編みにした小柄な女性がやってきた。私よりも随分年上らしいその人の髪を触りながら、私を振り返り「あなたもやる」とメリーさんが言う。「きれい」確かにきれいだった。キャラメル色の背中まである長い髪。「この髪はリマプルリブでやってもらったの。2人かかりだったからチップをスプルリブずつ払って7万ルピア。この辺の人は殆ど知り合いだからその値段でやってくれるの。」女性も振り向いて話し始めた。機関銃のように一気に、絶え間なく。1999年からもう20回くらいひとりでバリ島にきている。1回に3週間から1ヶ月滞在する。インドネシア語は日常会話なら話せて、ビーチボーイとはみんな友達。在住者にも知り合いが多いからひとりでも寂しくない。―――そんなことを話して「友達を捜している」といなくなってしまった。年に2回も1ヶ月滞在できるなんてうらやましい。サラリーマンには考えられない生活。

さて、私は2時にSari Ratuでネイルを予約しているので、コソンとランチを摂るためにでかけた。ガン・ポピーズ気ら兇愴瓦韻訶喘罎砲△襯錺襯鵑鯡椹悗靴燭里世韻鼻運悪く休みだった。仕方がないので、Sari Ratuの近くにあるコピ・ポットでご飯を食べた。

Sari Ratuのホームページから予約しようとしたのだが、オーダーの仕方がわからなかった。手と足をやってもらうにはどうすればよいのやら。ちょっとだけストーンなんてつけたらかわいいかもしれないのに。だいたいサロンでネイルを他人にやってもらうなんて、結婚式以来だ。問い合わせしようにもメールでは返事できないとのこと。電話するのも面倒なので、カルジェルクリアを2セット(Rp560000)オーダーした。あとは現地でどうにかなるでしょう。

サロンはコピ・ポットの先を左に曲がってすぐ。日が当たって色が褪せた小さなサロン。店の前に立っていた女の子に店内に招き入れられる。客は誰もいなくて、予約しなくても入れそうだった。予約してあることを慌てて告げる。インターネットから予約すると10%OFFだから。手と足のカルジェルはRp75万だそうだ。そこから10%OFFのRp62万。結構高かったな。高かったからストーン類は止めておいた。

色はピンク地にラメのグラデーションがいいと思っていたのだけど、グラデーションはクリアだけだと言われる。見本を見せられて選んだものは尽く品切れで、仕方なくおススメされたクリアにピンク系のラメのグラデーションにした。爪の形をどうするか聞かれる。四角?丸?…実は四角い爪に憧れている。一度もやったことがない。前述のようにサロンは結婚式のときだけだし、職業柄、爪はいつも短く、ネイルを塗ることは殆どないから。でも口から出たのは「丸」自分の爪が四角くなったところを想像できなかったから。私って結構冒険しないタイプ。

地爪のケア時は3人掛かり、色を入れる段になって2人でやってくれた。お腹に紫外線の機械を乗せられて重い。暇だな。見ててもしょうがないし。そういえば目の前に大きな薄型テレビがおいてあるのに、電源は入ってない。壊れてるのか、店員が手持ちのDVDに飽きたのか。目をつぶっても眠れるわけでもなし。でも、何かを塗っては紫外線を当て、コットンで拭いてはまた何か塗り、紫外線を当てる。その単純な動作を眺めるのは嫌いじゃない。それに紫外線の機械は私のお腹の上にあり、自分で手を入れなければならないので、寝ている暇はない。左手は右側にいる店員に差し出して塗ってもらったので、五十肩の私にはちょっとつらい体勢だった。耐えられないほどじゃないから我慢した。

帰りはタクシーでビーチまで来なってコソンに言われてたけど、ガンポピーズ兇鯤發い撞△辰拭「随分早いね」と驚かれる。2時間以上かかると思っていたのに、ランチ後にコソンと別れて私がビーチに戻るまで1時間経ってなかった。


sari ratu で ジェルネイル sari ratu で ジェルネイル

ビマに「いくらだった?」と聞かれる。高いので言わない。メリーさんに「花だけ入れさせろ」と言われるが却下。日にかざして眺めてみれば角度によって色が変わる、なかなかいい感じの爪だ。でも思ったより高かったから「やらなくてもよかったな」とつぶやいていたら、「あんたっ!おいらのボードいくらで借りてるか知ってるの?一日千円だと思えばいいんじゃない?」とコソン。そうだね、そうだ(*^m^*)たまにはコソンもいいこと言うね〜。


そしてカルジェルは結構もちがよく、今でも剥がさずにそのまま。もうすぐひと月経ってしまう。クリアだから爪が伸びて根本が露になっても目立たない。よく使う右手は先の方が剥がれてきて、爪とジェルの間に何か詰まったり、千切れてしまった。ぎんなんを剥いたときには爪とジェルの間にぎんなんの甘皮(渋皮?)が入り込んでて笑った。レシートの角を差し込んで掻き出した。でも伸びた爪を切ってしまえばまた復活する。人前に出ない主婦だからこれでもいいけど、外に出る人はせいぜい2週間で塗りなおさないとだめね。「サロンでのお手入れは平均して3〜5週間ごとでいい」と書いてあったけど、爪って伸びるからそんなに長い間放置はしておけない。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ
| バリ島で癒される | comments(0) | - | △TOP |

PRANA・SPA プラナ・スパ

Category : バリ島で癒される


写真の右側をクリックすると次に進み、左側クリックで前に戻ります。


nayaさんと一緒に行ったプラナ・スパです。アユールヴェディック・シンプル ブリスを受けました。
感想はこちら→プラナ・スパでシロダーラ|バリ島携帯から|
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ
| バリ島で癒される | comments(0) | trackbacks(0) | △TOP |
1/1PAGES
CATEGORY
ENTRY
COMMENT
Blog People
LINK
ARCHIVE
OTHERS
MOBILE