風のゆくえ 〜湘南日記〜

風のゆくえ別館 〜さらさらゆくよ〜 旅行日記

バリ・インダー Bali Indah / クタ

Category : バリ島の美味しいもの





 

 


結構暗かったので、写真がブレブレです(T-T)

クタに着いたとき、車の中から発見した店。
店先で何かを焼いていて美味しそうに煙が上がっていたのだ。
間口に比べて、びっくりするくらい店内は広かった。ドメスティックの団体さん利用が多いのかな?
ビニールコーティングされた座面や背もたれのスチールのイスがデパートの食堂を思わせる。子供の頃、オムライスやお子様ランチを食べた懐かしい時代。
途中で年配の日本人グループがやってきて、ますます「デパートの大食堂」な雰囲気になった。

お通しはマンゴーの何かだった。なんだったんだろう?忘却の彼方。

*アヤムゴレン
周りはパリパリ、中はジューシーな「お手本」みたいな美味しいアヤムゴレンだった。ほんのり甘い香りがする。揚げ油はココナッツオイルか、バターが入っているのかもしれない。

*ナシゴレン
チャーハン味でバリらしさはないけれど美味しかった。パラパラに炒められてて好きな味。

*サテ・アヤム
これもやわらかくてジューシー。
タレも甘すぎないところが私好みだった。

*チュミチュミ・ゴレン
注文すると、アオリイカを見せてくれた。「これでいいですか?」ってな感じ。
胴体だけで30センチ以上ありそうな大きなアオリでびっくりしたが「うんうん」と言ってしまう。
炒め物だと思っていたら、衣つきの揚げ物だった。
想像とは違ったけれど、衣サクサク、イカは柔らかくて美味しい♪
食べきれなかった分はブンクスしました。

この夜、コソンは腹を壊して何度もトイレに起きていた。
チュミゴレンにやられたのだ。
なぜなら、この人は残りのチュミゴレンも全部食べたからだ。
私は出なくて困っているというのに。
前日の夜、アローゼン(下剤)を2包飲んだけど、ちょっとしか出なかった。
コソンのを少し分けて欲しい。

「今日はレートが急によくなって、89.50でした。
 りーまんぶらざーずの影響でしょーな。」と日記に書いてあった。



より大きな地図で 風のゆくえバリ島マップ/南部 を表示
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ
| バリ島の美味しいもの | comments(4) | - | △TOP |

夕食はTHREE HOUSE スリーハウス & 携帯電話がつながらない

Category : バリ島の美味しいもの



three house

three house

three house

夕食はBとポピーズレーン気痢Three House」へ。ボードを借りているレンタルボード&アクセサリーショップの目の前のお店。写真は明るく写っているけれど、結構暗くなっていたのでぶれてしまった。ソト・アヤム、エビのグリル(?)、カラマリ・フライ(イカリング)、オニオンリング、ナシ・ゴレンなどを注文。気づいたら揚げ物ばっかりになってた。以前、カニとコーンのスープを食べたらハズレだったので、それから来てなかったお店だったが、今回は結構美味しかった。特にナシ・ゴレンがいいお味。

Bは日本人の彼女とは別れてしまったそうだ。彼女のお父さんに反対されたとか。いいよ、別れたほうが。Bと一緒に過ごすよりクラブで遊ぶほうを選ぶ彼女なんか・・・とはBに言わない。Bはいい子だから、いい女の子が現れるといいのに、と切に思う。

向かいのお店ではRがまだ働いていた。ビーズでアクセサリーを作ったり、冷やかしていく客の対応をしたり、貸してたボードの返却を受けたり・・・。Rにビンタンを差し入れすると、ビンタンのビンを高く上げて笑っていた。


迎えの車を呼ぼうと電話をかけたけど、つながらない。アナウンスが流れて切れてしまう。前日に空港からかけたときの履歴を探してみたが、消えていた。なぜ〜?私の携帯電話からかけても同じようにアナウンスが流れて切れてしまう。国番号をつけてもダメ。レストランからかけてもらえばよかった。タクシーで帰ろうか・・・と思いかけたとき、オーナーの携帯につながり、迎えにきてもらえることになった。「+62」をつけて掛けたらつながったので、その後ずっと「+62」つきでかけていたら、世界携帯代金がふたりで1万7千円くらいになってしまった(T-T)
滞在国から滞在国内の一般・携帯電話にかける場合は国番号はつけずにつながる「はず」なので注意です(;-_-) =3 ⇒海外での電話のかけ方

迎えが来るまでスタバでコーヒーを飲み、トイレを借りる。店内はエアコンが効きすぎて寒くなってしまったので外のテーブルに座ろう・・・と思ったときにはすでに満席になっていた。コーヒー・・・美味しい。向かいに同じようなコーヒーショップができてたけど、客がいないようだった。「スタバかよく知らないコーヒー屋かっていったら、スタバに入るよねー。値段も大して変わらないんだろうしねー」とコソン。そうね、そうかもねー。

電話をしてから1時間くらいでやっと迎えが来た。断食開けのお祭りでドメスティックが大型バスでわんさとビーチへやってきている。パンタイクタ通りは物凄い混み様で、ハードロックからムラスティ通りへの曲がり角まで30分も掛かった。2キロくらいしかないはず。この道、以前は廃墟だらけだったけど新しいお店がいっぱいできていた。曲がり角のあのホテルは箱はもう完成し、あとは内装だけの様子。レストランはもう営業していた。「滝川」の文字が怪しく光る。鉄板焼きかな?看板の隣にメニューらしき冊子を持って女性が立ってた。服装は忘れてしまったけどものすごく「怪しい」感じだった。

部屋の扉を閉めようとして指にとげを刺した。毛抜きでも抜けず、かみそりでもうまく切開できないので一晩放っておく。

Tag : *食@クタ*ポピーズレーン
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ
| バリ島の美味しいもの | comments(4) | - | △TOP |

プランギ・バリ・ビストロ Pelangi Bali Bistro とサテをブンクス/クタ

Category : バリ島の美味しいもの





麺好きの我々が夕食に選んだのは「プランギ・バリ・ビストロ」であ〜る。写真は店内の様子



エス・テレールがハビスだったのでエス・チャンプルに。いつも思うのだけど、飲み物の欄に書いてあるのに、どうしてボールに入れられ、スプーンで食べなければならないのだろう?でも美味い。緑のうにゅうにゅが美味い。



コソンの「ミー・アヤム・パンシット・バッソ」バッソを頼んだのに、バッソが入ってないことに、スープを麺に掛けちゃってから気づき、「バッソ!バッソ!ないない!ミー・アヤム・パンシット・バッソ!」と言ったら、スープに入れたバッソを持ってきてくれた。スープ1杯分お得♪


私は「ミーチャーシュー」なんだか安心するお味。私たち麺が好きなのよね。

行きはタクシーで行き、帰りは途中でタクシーを捕まえようと歩きだす。途中で洋服のアウトレットのお店を冷やかしたりしていたら、タクシーを捕まえる機会を逃して結構歩いた。ダプール・アラムという屋台村みたいなのもできていたし。


Jl Tanjung Mekarの真ん中あたりレギャン通りのちょっと手前でサテの屋台を発見!こんなくらい、人通りのないところでやってて、客は来るのだろうか?うまいんだろうか?腹こわさないだろうか?心配になる。屋台のお兄さんは英語ができない。こんな寂しいところを歩いてる観光客なんていないんだろうね。しっかし、こういう時のために「食べるインドネシア語」を買ったというのに、ホテルに置いてきた。1人前ってなんていうんだろう?あの本に書いてあったのに…思い出せない。1人前は何本なんじゃろか?「サトゥ」って言ったら何本くるのかな?1本だけしか焼いてくれなかったら泣くよね。よくわからなかったけど、指差しでなんとかなった。アヤムとカンビンだっけ?アヤムだけだっけ?すでに忘却の彼方だけどアヤムと何かを1個ずつ頼んだのだ。そしてちゃんと1人前(10本)ずつ焼いてくれた。できるだけ熱いうちに食べなくちゃ…と思い、レギャン通りにでたらすぐにタクシーに乗ってホテルへ帰る。




サテのソースがあんまり甘すぎず美味しかったー!お肉も柔らか♪屋台の食べ物美味いなぁ。ブンクス・パーティもいいよね。


Tag : *食@クタ
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ
| バリ島の美味しいもの | comments(4) | - | △TOP |

China Moon Cafe チャイナムーンカフェ/ウブド

Category : バリ島の美味しいもの






De Ubud Villaに併設されている台湾料理屋さん(?)へ行ってみました。上の写真は翌日の昼間に撮ったもの。ハノマン通りからモンキーフォレスト通りへの曲がり角にあります。

 
左の写真の席が気に入っちゃって、他の席から移ってみました。我が家にもこういう空間があるといいなぁ。

 
コソンはお決まりのビンタン♪私はたぶんパイナップルとなにかのジュースです。(覚えてないの)医食同源の国らしく、飲み物には効果効能が書かれており、私は迷わず「便秘」によさそうなものを選びました。バリに来てもお腹をこわすどころか、下剤を飲んでいる私です。(食事の記事なのに…失礼)ルンピアと餃子も頼んでみました。どちらも美味しい♪ただ、餃子のタレは日本で食べるラー油&しょうゆと酢ではなくて・・・なんだったっけ?タレがあまり美味しくなかったのが残念。



 
左はワンタンメンで右はセサミ・オイル・チキンヌードル。このチキンヌードルが激ウマでした。ゴマの風味が効いててコクがあるのにさっぱりしている。麺が極細なのも私の好み♪
ここはかき氷がウリみたいですね。デザートを食べる習慣がないのでチャレンジしてません。今度、おやつに寄ってみようかな。


Tag : *食@ウブド

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ
| バリ島の美味しいもの | comments(0) | - | △TOP |

バリ島でファーストフード

Category : バリ島の美味しいもの





お国変わればファーストフードの味もメニューも変わる。以前、ジャカルタのマクドナルドで食べたマックのハンバーガーがめちゃくちゃエスニックで笑った。使われているスパイスがアジアなのかな。辛かったし。「こりゃ、マックじゃねーべ。」と思ったものです。クアラルンプールのマックもやっぱりエスニックだった。

上段の写真はバリ島のマクドナルドで食べたチキンのフライ。下段の写真たちはケンタッキーフライドチキンで食べたものもの。パン類ではなく、ご飯がついてくるというのがなんともミステリアスで、目からうろこがぽろり。ケンタなんて丼だし。バリ島のファーストフードのチキンはご飯に合う。マックでは小袋入りのサンバルもついてきてご飯にもかけると激ウマ。サンバルはこのマクドナルドのが一番美味しいんじゃないかと密かに思っているくらいだ。(ケンタには店内に巨大ディスペンサーが設置されているので、そこからサンバルなどをじゃぶじゃぶ持ってこられる。)

それに私さぁ、ケンタッキーのフライドチキンをおかずに、ご飯食べる人なんですよぉ。日本のケンタとご飯ってあんまり合わない気もするんだけど、パンよりもご飯をこよなく愛しているので仕方ないのです。
「マックでご飯」というバリ島の法則(?)で考えると、日本のファーストフード店にもご飯があってよさそうなもんだけど、ないわね。これからもつくらないだろうね。

余談ですが、日本のファーストフードで一番好きなのはモス。モスにはライスバーガーというつわものがいる。あれが登場したときは「ありえない」と思ったけど、食べてみたら美味しいし、今でもちゃんと生き残っているのだからすばらしい。
次に好きなのはフレッシュネスバーガー。ドリンクの種類が多くて美味い!
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ
| バリ島の美味しいもの | comments(4) | - | △TOP |

warung enak ワルン エナ

Category : バリ島の美味しいもの





BERGEDEL JAGUNG
とうもろこしの天ぷら

BIHUN
ビーフン

SATE KAMBING
サテ カンビン


ウブドの街のちょっとはずれにあるレストラン。水着着てる猿(の像)がいるところ。この日は誰かの何かの出版記念のパーティがあるとかで、奥の席は貸切だった。奥の方が見晴らしが良くて気持ちよさそうだったのに、残念。「インドネシア中のあらゆるメニューが食べられる」とnayaちゃんがブログに書いてたので来てみたかったのだ。(ここここ。あぁ、やっぱり。2階は眺めがよいのね。)

インドネシア中の料理をみんな食べてやるっ!と思っていたのに、結局食べたのは上の3品。あんまり冒険してないのだった。ナシチャンプルによくのっかってる「とうもろこしの天ぷら」風のものは揚げたて♪衣はサクサク、とうもろこしはプチプチで美味しかった。ナシチャンプルにのってるのは冷めてるものね。とうもろこし大好き。
なんでこんなちょっとしか食べなかったのか?今ではなぞなのである。リスタフェルを食べたかったはずなのに、すっかり忘れていたのだ。

トイレにはペーパータオルが重ねて置いてあるのだが、欧米系の婦人がこれを手に取ったら、全部つながっちゃって、はらはらはらはらと床に落ちそうになった。手品でトランプがいっぱい出てくるみたいな感じ。「oh!」と慌てる婦人。にやけながら眺める私。


warung enak


Tag : *食@ウブド
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ
| バリ島の美味しいもの | comments(9) | - | △TOP |

ワルン カミサマ Warung kamisama No,2

Category : バリ島の美味しいもの





サヌールのタンジュンサリとガゼボ・ビーチ・リゾートの間にあるワルン。ワルンと言っても、観光客むけの小さなレストランですね。海を眺めながらぼんやりとジュースでも飲んで。お腹が空いたら何か頼んでみたり…。




夜は氷を張ったショーケースにシーフードが並びます。選んで調理してもらう。エビを焼いてもらい、ムンテガ・ソースで食べました。(ムンテガ=バター)
nayaちゃん にカユマニスに行きたいと言われていたのをすっかり忘れてて、ここでご飯食べたの。夜は真っ暗になるから海沿いの恩恵にはあずかれない。風は気持ちいいけど。

Tag: *食@サヌール *warung-kamisama
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ
| バリ島の美味しいもの | comments(0) | - | △TOP |

ワルンワルン Warung Warung

Category : バリ島の美味しいもの




warung warung 店内
ちょっと情報が古いですが、2007年の9月にクタのトゥバン地区にあるワルン・ワルンに行ってきました。上は店内の様子。通りから入ってすぐにナシチャンプルのおかずケースやパラソルつきのオープンエア席があり、写真のスペースはその奥にあります。ビンに入ったお菓子はフリーです。

warung warung ナシ・チャンプル
おかずをショーケースから自分で選ぶシステムのナシ・チャンプル。コソン・セレクションです。右に写っている古い写真のカードにはナシ・チャンプルの値段が書いてあります。このカードで代金を計算します。おしゃれで清潔なので、ナシ・チャンプルに挑戦したいけど、ローカルのワルンはちょっと…という方にはおススメ。

エス・スラシ  
左のドリンクは「エス・スラシ」と言います。クマンギという香草の種が入ってます。バジルシードとほぼ同じ。チュルチュルしてて美味しい。真ん中はアヤム・バカールかな?右はエビの炒め物。



ワルンワルンの情報はこちらでゲット。
まっぷるにはワルンワルンのドリンクが写真入りで掲載されてます。




Tag: *食@トゥバン
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ
| バリ島の美味しいもの | comments(0) | - | △TOP |

Warung Babi Guling(ワルン バビ グリン):クタ

Category : バリ島の美味しいもの





歩いてバビグリンを食べに行く。散歩がてら…と思ったのだが、パンタイクタ通りって何にもなくて暑いだけだ。そして結構遠い。何台ものタクシーが声を掛けてくるが、タクシーに乗るにはもう遅い。暑いよー。

THE LEGIAN NIRWANA
なにやら工事中。随分大きい建物だ。敷地も広そう。

THE LEGIAN NIRWANA
ちょうどパンタイクタ通りからムラスティ通りへの曲がり角。かなり大きなリゾートホテルができるらしい。ビーチ前でレギャンの街にも近いので立地はよい。この辺りは場所はいいのに閑散としてるので、少しは賑わうかも。賑わうのはうれしいのだけど、夜は静かなほうがいい。ポピーズレーンの奥に宿をとっていても、朝はバイクの音がうるさくて目が覚めてしまうというのに。今回はクラブの音がうるさくて眠れない。ま、クタに静かさを求めるのがいけないのだろうけど。
The Legian Nirwana Bali

ワルン バビグリンはムラスティ通りの市場の中にある。この市場、案外広くて見つけるのに一苦労。市場のお店の人が「バビグリン?」と声を掛けてくれて、指さしで教えてくれた。

Warung Babi Guling
もう昼はとっくに過ぎた頃に行ったので、皮もなくてちょっと期待はずれ。でも豚の脂部分は甘くて美味しかった。上にのってる白いのは何を揚げたものなんだろう?サクサクで美味しい。もっと早い時間に行くと色んな種類がのってるのかもしれない。

Warung Babi Guling

Warung Babi Guling
Jl.Melasti No.74, Legian, Kuta
TEL:763480
OPEN:9時〜17時 無休


より大きな地図で バリ島風のゆくえマップ を表示



Tag : *食@クタ *バビ・グリン
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ
| バリ島の美味しいもの | comments(0) | - | △TOP |

クタ スクエアで食事-Cafe DULANG

Category : バリ島の美味しいもの





クタスクエアーのマタハリのとなりあたりに随分賑わっているカフェがあったので、夕食はそこに決めた。「Cafe DULANG」
ビンタンビールが美味かった!そんなに喉が渇いていると感じてなかったのに、「うまいよ」と勧められて飲んだら、ぐびぐびぐびぐびと止まらず5口も飲んだ。
「ぷはー!」と大きく息をつく。
「おいらはこの1杯のために生きているんですよー!」とコソンは満足気。
あ〜、あんたはこの5口のために生きているんだね〜。と深く理解するさらさであった。
ナシチャンプルとワンタンメンもそれなりの美味しさ。






Tag : *食@クタ
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ
| バリ島の美味しいもの | comments(0) | trackbacks(0) | △TOP |
1/7PAGES >>
CATEGORY
ENTRY
COMMENT
Blog People
LINK
ARCHIVE
OTHERS
MOBILE