風のゆくえ 〜湘南日記〜

風のゆくえ別館 〜さらさらゆくよ〜 旅行日記

ブログ引越しします

Category : monologue

バリ島のブログを引っ越します。
…といっても、メインのホームページをブログにしただけなのですが。
旅行の記事は下記へ少しずつ移していきます。
風のゆくえ

このブログをRSSやポータルサイトなどへ登録されている方は、
お手数ですが「http://kazenoyukue.net/」へ変更してください。
バリ島以外の記事はこちらに残します。
よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ
| monologue | comments(0) | - | △TOP |

バリ・インダー Bali Indah / クタ

Category : バリ島の美味しいもの





 

 


結構暗かったので、写真がブレブレです(T-T)

クタに着いたとき、車の中から発見した店。
店先で何かを焼いていて美味しそうに煙が上がっていたのだ。
間口に比べて、びっくりするくらい店内は広かった。ドメスティックの団体さん利用が多いのかな?
ビニールコーティングされた座面や背もたれのスチールのイスがデパートの食堂を思わせる。子供の頃、オムライスやお子様ランチを食べた懐かしい時代。
途中で年配の日本人グループがやってきて、ますます「デパートの大食堂」な雰囲気になった。

お通しはマンゴーの何かだった。なんだったんだろう?忘却の彼方。

*アヤムゴレン
周りはパリパリ、中はジューシーな「お手本」みたいな美味しいアヤムゴレンだった。ほんのり甘い香りがする。揚げ油はココナッツオイルか、バターが入っているのかもしれない。

*ナシゴレン
チャーハン味でバリらしさはないけれど美味しかった。パラパラに炒められてて好きな味。

*サテ・アヤム
これもやわらかくてジューシー。
タレも甘すぎないところが私好みだった。

*チュミチュミ・ゴレン
注文すると、アオリイカを見せてくれた。「これでいいですか?」ってな感じ。
胴体だけで30センチ以上ありそうな大きなアオリでびっくりしたが「うんうん」と言ってしまう。
炒め物だと思っていたら、衣つきの揚げ物だった。
想像とは違ったけれど、衣サクサク、イカは柔らかくて美味しい♪
食べきれなかった分はブンクスしました。

この夜、コソンは腹を壊して何度もトイレに起きていた。
チュミゴレンにやられたのだ。
なぜなら、この人は残りのチュミゴレンも全部食べたからだ。
私は出なくて困っているというのに。
前日の夜、アローゼン(下剤)を2包飲んだけど、ちょっとしか出なかった。
コソンのを少し分けて欲しい。

「今日はレートが急によくなって、89.50でした。
 りーまんぶらざーずの影響でしょーな。」と日記に書いてあった。



より大きな地図で 風のゆくえバリ島マップ/南部 を表示
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ
| バリ島の美味しいもの | comments(4) | - | △TOP |

TUNJUNG MAS BUNGALOW トゥンジュンマス バンガロー お部屋

Category : バリ島のホテル




mimpi indahのlunaさんの記事を拝見して泊まりに行って来たトゥンジュンマス。
デラックスのお部屋に泊まった。


ベッドはツインにしてもらった。
うちのコソンが妙に寝相が悪いので、ダブルベッドでは寝られない。「結婚したらダブルベッドで仲良く眠るの♪」という淡い夢は、結婚して1年もたたないうちに脆くも崩れ去った。


この窓が妙に明るくて、昼間は暑くて暑くて参った。せっかく窓際にベンチがあるのに座っていられない。遮光カーテンが欲しいくらいだ。ただエアコンは効くので日の当たらない場所にいれば全く問題はなかった。


私物が置いてあってごめんなさい。
部屋は広くていい。のんびりくつろげた。
ただトッケーやチチャが天井にいっぱい住んでいるらしく、糞がいっぱい落ちている。不消化のアリが含まれてるでっかい糞とか。
観察していると、どうやらトイレの場所は決まっているらしく、毎回きっちり同じ場所に糞を落とす。ベッドの上には糞をしないと判断してなんとか寝たけど。
この部屋は天蓋が必要だ。天蓋って蚊だけじゃないのね、トッケーの糞も防げると気付く。


バスルームはだだっ広いけど、ワードローブもあって使いやすい。
窮屈なユニットバスは苦手なので、バスルームが広いのはホントにうれしい。
トイレにもちゃんと扉がついてるから、どちらかがトイレを使っているときに洗面台やお風呂を使える。鏡台もあるんだよ。ここでお化粧できる。(日焼け止めくらいしかしないけど)


このバスタブも好き。外光が入るお風呂が好きなのだ。無類の露天風呂好きなので、お風呂はオープンエアでもいいくらい。バリ島でバスルームがオープンエアだと、夜にトイレに行くたびに暑いし蚊に食われて大変だけど、それでも窓がないよりオープンを選ぶ。

お湯の出も全く問題なし。
暑い国でもエアコンやプールで身体は結構冷える。シャワーだけでは寒いので、私たちにはバスタブは必須なのだ。
新しいホテルだけど、やっぱりアリンコは行列を作っている。時々お湯に落ちるので救出してあげる。アリって、何割だっけ?殆どのアリがサボってるらしいよね。見てると殆ど動かないとか、5センチくらいの間をただ行ったり来たりしてるだけとか、妙にゆっくり歩くアリがいて面白い。





チェックアウトの日、散歩から帰るとベッドがすでにダブルベッドに変わっていた。
次に泊まるのは寝相のいいカップルなんでしょうな。(うらやましい)
枕がもっとビシっと揃ってたらかっこいいのにね〜。



より大きな地図で 風のゆくえバリ島マップ/ウブド を表示

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ
| バリ島のホテル | comments(2) | - | △TOP |

Adun Paintingで絵を買う

Category : バリ島でお買い物♪







アドゥンさんの絵はかわいくて好き。
フランジパニや民族衣装を着たカップル、像や蝶、バロンなど、バリらしい素材が描かれている。
前年にはお店を閉めていたけれど、また同じ場所に復活していました。

今年はバリニーズカップルの絵を買いました。
ちょっぴりマンガっぽいので、気軽に飾れるのがいいです。
伝統的なバリ島の絵も好きだけど、知らない人が見るとちょっとひくでしょ?
部屋に飾るなら断然アドゥンさんの絵なのです。

デンパサールにはご本人がいるショップがあるらしい。
ショップ・カードがどこかにいってしまって住所はわかりませぬ。

以前の記事はこちら




より大きな地図で 風のゆくえバリ島マップ/ウブド を表示




にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ
| バリ島でお買い物♪ | comments(1) | - | △TOP |

スミニャックで買い物

Category : バリ島でお買い物♪



パッ マレン」で食事をした後は、歩いてスミニャック通り(バサンカサ通り⇒スミニャック通り)を南下。クッションカバーが欲しくてまずはHAVELIのアウトレットへ。オーナーはモロッコ人女性だそう。エキゾチックでなんともいえない色合いと光沢のファブリックたち。ざっと眺めたら道路の反対側にある正規のお店のほうへ移動。こちらはまた宝石箱をひっくり返したみたいにゴージャスで賑やか。ゴージャスだけど色目がダークだからなのか不思議に落ち着くのね。でもサイズが合わなかったり、ちょっと予算オーバーだったりで買い物はしなかった。

HAVELIを出たらまた南下。アシタバで蓋付きのボックスとオーバルバスケットを購入。アシタバのアタ製品は高品質で価格も安い。へたすると品質が悪いのにアシタバより高いことがあるので性質が悪いよ。だからアッタはアシタバでしか買わないと決めている。

それからまた南下してビンタンスーパーマーケットへ。お土産をいくつか購入。コーヒーを眺めていたら試飲させてくれた。ジャワのオーガニックコーヒーだ。ミディアムグラインドをドリップで淹れたものだそう。これがおいしくて♪うちの父ちゃんには挽いてないもの(コーヒー酒を造りたいから豆を買ってきてと言われていた)、弟にはミディアムグラインド、コソン兄にはバリ産コーヒーのパウダーを購入。パウダータイプはお湯に溶いて粉が沈んでから上澄みを飲むというスタイル。お土産だからバリらしいものがいいだろうと選択。ミルクたっぷりで甘くすると美味しいのよね。そしてcitraはパール入りにしました。匂いがおやじのクリーム的だったわ。ブンコアン入りにすればよかった。香りはブンコアン入りが一番いいかも。ブンコアンの匂いってかなり強烈ですんごい臭いのに、citraのブンコアンはいい匂い。でも遠くの方でかすかにブンコアンの匂いがするわ。強烈な匂いもちょっとだけならいい匂いになるなんて不思議。citraはさっぱりしてるので夏に使うにはちょうどいい。日本の冬にはちょっと物足りない感じ。そりゃそうよね、南国バリで売ってるんだもの。以前買ったブンコアン入りは、私にしては珍しくちゃんと使い切りました。kannnaはかかとクリーム。結構リッチな使用感なのにべたつかない。でも塗りたてで床を歩くとすべるので要注意。そしてkannnaの匂いもおやじのクリーム風。
 

ホテルの車に迎えに来てもらい、一度ホテルへ帰った。ヴィラのプールで入る。水が冷たかった。入るのにえらい勇気がいった。ふたりで「ぎゃいぎゃい」言いながらプールに浸かり、それから昼寝。


4時にヴィラを出た。いつものマデさんが用事があるらしく、オーナーさんが運転してくれた。道が混んでいるらしくsunset road ⇒ Dewi sri ⇒ Ja raya kutaを通った。そこからパンタイクタへ出る道は通行止め。そのあたりで降ろしてもらった。

通行止めの正体はパレードだった。クタフェスティバルのイベントのひとつらしい。


座禅?/クタ
ビーチへ出たら、こんな座禅軍団が!

ビーチボーイのBくんが中型犬を連れていた。目がくりくりっとしてかわいい犬。友達の犬だそうだ。かわいいのでついつい頭を撫で回し、手をベロベロなめさせてしまった。なめさせてしまってから気付く、この手、どうしよう(~_~;)・・・そうだそうだ、ドリンクケースの中の氷♪サーフィンで怪我すると、みんなこの氷で傷を洗ってるもんね。もう夕暮れで店じまいだし。氷のかけらをもらって手のひらで溶かしながら手を洗う。うー、冷たい。

ビーチには人がいっぱい。ジャワから大挙してやってきた国内旅行者と、地元の若い男女。ただ歩くだけでも楽しいんだろうな。

 
夕焼けショーが終わったら、ドメスティックの皆さんはまたド派手バスに分乗してホテルへ帰る。パンタイクタ通りはまたまた大渋滞だ。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ
| バリ島でお買い物♪ | comments(4) | - | △TOP |

夕食はTHREE HOUSE スリーハウス & 携帯電話がつながらない

Category : バリ島の美味しいもの



three house

three house

three house

夕食はBとポピーズレーン気痢Three House」へ。ボードを借りているレンタルボード&アクセサリーショップの目の前のお店。写真は明るく写っているけれど、結構暗くなっていたのでぶれてしまった。ソト・アヤム、エビのグリル(?)、カラマリ・フライ(イカリング)、オニオンリング、ナシ・ゴレンなどを注文。気づいたら揚げ物ばっかりになってた。以前、カニとコーンのスープを食べたらハズレだったので、それから来てなかったお店だったが、今回は結構美味しかった。特にナシ・ゴレンがいいお味。

Bは日本人の彼女とは別れてしまったそうだ。彼女のお父さんに反対されたとか。いいよ、別れたほうが。Bと一緒に過ごすよりクラブで遊ぶほうを選ぶ彼女なんか・・・とはBに言わない。Bはいい子だから、いい女の子が現れるといいのに、と切に思う。

向かいのお店ではRがまだ働いていた。ビーズでアクセサリーを作ったり、冷やかしていく客の対応をしたり、貸してたボードの返却を受けたり・・・。Rにビンタンを差し入れすると、ビンタンのビンを高く上げて笑っていた。


迎えの車を呼ぼうと電話をかけたけど、つながらない。アナウンスが流れて切れてしまう。前日に空港からかけたときの履歴を探してみたが、消えていた。なぜ〜?私の携帯電話からかけても同じようにアナウンスが流れて切れてしまう。国番号をつけてもダメ。レストランからかけてもらえばよかった。タクシーで帰ろうか・・・と思いかけたとき、オーナーの携帯につながり、迎えにきてもらえることになった。「+62」をつけて掛けたらつながったので、その後ずっと「+62」つきでかけていたら、世界携帯代金がふたりで1万7千円くらいになってしまった(T-T)
滞在国から滞在国内の一般・携帯電話にかける場合は国番号はつけずにつながる「はず」なので注意です(;-_-) =3 ⇒海外での電話のかけ方

迎えが来るまでスタバでコーヒーを飲み、トイレを借りる。店内はエアコンが効きすぎて寒くなってしまったので外のテーブルに座ろう・・・と思ったときにはすでに満席になっていた。コーヒー・・・美味しい。向かいに同じようなコーヒーショップができてたけど、客がいないようだった。「スタバかよく知らないコーヒー屋かっていったら、スタバに入るよねー。値段も大して変わらないんだろうしねー」とコソン。そうね、そうかもねー。

電話をしてから1時間くらいでやっと迎えが来た。断食開けのお祭りでドメスティックが大型バスでわんさとビーチへやってきている。パンタイクタ通りは物凄い混み様で、ハードロックからムラスティ通りへの曲がり角まで30分も掛かった。2キロくらいしかないはず。この道、以前は廃墟だらけだったけど新しいお店がいっぱいできていた。曲がり角のあのホテルは箱はもう完成し、あとは内装だけの様子。レストランはもう営業していた。「滝川」の文字が怪しく光る。鉄板焼きかな?看板の隣にメニューらしき冊子を持って女性が立ってた。服装は忘れてしまったけどものすごく「怪しい」感じだった。

部屋の扉を閉めようとして指にとげを刺した。毛抜きでも抜けず、かみそりでもうまく切開できないので一晩放っておく。

Tag : *食@クタ*ポピーズレーン
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ
| バリ島の美味しいもの | comments(4) | - | △TOP |

SEREHのキャンドルホルダー

Category : バリ島その他

serehのキャンドルホルダー

チェックインバリバリ島写真コンテストBフォトに参加させていただいてたのですが、
この度参加賞をいただきました。
SEREHのキャンドルホルダーです。
ショップオーナーの富田恵美さんから手書きのメッセージまでいただいてうれしい限りです。
カユマニス・ウブドのレストランでも使われているキャンドル・ホルダーなんですって。
夜になったらキャンドルを入れてみよう。

SEREHは洗練されたリゾートインテリア雑貨を扱っています。
とくにバティックを使ったティッシュボックスは秀逸です。
Shop:SEREH

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ
| バリ島その他 | comments(0) | - | △TOP |
1/45PAGES >>
CATEGORY
ENTRY
COMMENT
Blog People
LINK
ARCHIVE
OTHERS
MOBILE